もっと「伸び」「潤い感」が欲しい場合はどうしたら良いでしょうか?

一般的にサラサラとした「伸び」と「潤い感」を感じさせる石油由来のワセリンやシリコンやミネラルオイルは無配合なので、ケミカル製品をお使い慣れていつもの「伸び」と「潤い感」が足りないと感じる方は、ボディピース プレミアムハンドケアクリームの場合は、少し多めに塗り広げてください。

多めにつけてもお好みの潤い感には足りないと感じる方は油脂分の不足ですが、これ以上多くの油脂を配合するとベトついてしまうため、夜などにご家庭でボディピース プレミアムハンドケアクリームにオイルを追加してお使いください。

お薦めの植物オイルはオリーブオイルです。キッチンにもあり、栄養分が豊富ながら比較的低価格で入手でき、使用感がサラリとして潤い感を得られる優秀な植物オイルです。エクストラバージンでなくても可。1〜2滴をボディピース プレミアムハンドケアクリームと合わせて手肌に塗り伸ばしてください。

またその他、ナタネ油、ヒマワリオイル、ベニバナオイル、ココナッツオイル、またローズヒップオイル、アルガンオイルなど、家庭にある多くの植物オイルはオレイン酸やパルミチン酸などの脂肪酸やミネラルなどの栄養分を多く含みますので、素肌にお使いいただけます。

それでも油分が足りないと感じる方は方は、動物油となりますが、サメ肝油由来スクワランや馬油を少量、ボディピース プレミアムハンドケアクリームと合わせてお使いいただけましたらと存じます。

時間と共に天然の栄養分が素肌にいきわたり、透明感のあるキメの整った、柔らかな潤いのある状態に変わるのを実感していただけると思います。

(石油由来のワセリンやミネラルオイルについては、安価で「伸び」や「潤い感」を得られる優れた成分ともいえますが、ビニールの様な無機質の栄養のない石油の膜が毛穴を詰まらせる、せっかくの植物オイルなどの脂肪酸やミネラルなどの栄養分を肌に届けるのを邪魔してしまう、また口に入れられない、自然環境で生分解(微生物によて食べられ分解)されず、生産に多くのCo2を排出し持続可能な地球の自然環境に悪影響をもたらす等の副作用があり、健康な素肌や、これからの地球環境を考慮した場合の使用について当研究チームでは推奨していません。)

この記事のシェアはこちらから!

一覧に戻る
Go to Top