配合していません。

「ネオナイシン-e®︎」の働きは、ヒノキチオールの約1,000倍です。つまり1,000分の一の量で、副作用なく同じベネフィットが得られます。

ヒノキチオールは、高温多湿の森林でヒノキ(樹木)が虫や微生物、カビへの対抗力を持つためにに作り出した忌避成分で、柱のシロアリ防止やご飯の防腐、カビやすい風呂桶などに使用されてきました。成分としては、「医薬部外品・薬用」として認可された成分です。

しかし細菌への効果を発揮するためには濃縮して濃度を高めなければならず、通常の木材そのものでは害の少ない場合でもエキスを高濃度にすると、ラットの実験では奇形児(催奇性)のリスクがあり、乳幼児や女性への使用には課題がありました。

また、高濃度の場合はラミネートチューブを剥離させてしまうという強さもあり、乳幼児や妊婦にも使用できることを目指したボディピースへの配合は行なわない処方といたしました。

ヒノキオールがお好みの方は、精油ショップなどで入手していただき、ボディピースと合わせてご使用いただけましたら幸いです。

この記事のシェアはこちらから!

一覧に戻る
Go to Top